わたしたちの仲間を紹介します。

「人の嫌がる仕事」から思わぬ展開が待っていた

システム開発 リーダー三田村 実

新人時代に心がけたこと

現在はネオテックのシステム開発のリーダーとして、学校教材の大手企業などのシステム開発に取り組んでいます。
新卒社員で入社して早17年。会社では最古参ということもあり、ネオテックのシステム開発全般の指揮と社員育成を担当しています。
私ももちろん、入社した時はずぶの素人で右も左も分からない状況でした。
「とにかくお客様の要望を一生懸命聞こう!」、「人の嫌がる収益性の低い仕事でも勉強だと思って引き受けよう!」とひたすら仕事に打ち込んできました。
またお引き受けした仕事は、お客様のいう通りではなく、その周辺の知識も習得し、お客様の気がついていない点や、本来欲しいと思っていた機能をこちらから提案することに心がけていました。

「人の嫌がる仕事」が思わぬ展開に

そんなある日、別の会社に勤務していたSEの友人から「他かから断られた案件だけど、なんとかやってもらいたい。」と頼み込まれ、取り組んだ仕事がありました。
それは、学校教材大手の仕事だと後でわかりました。
仕事が評価され、徐々にその会社からの依頼が増えてきた上に、クライアント様の意向で直接システム開発に関わらせていただくようになっていきました。
それが、今となっては、会社の主力顧客に成長し、ネオテックの発展の一翼を担っています。

SEは地味な仕事の積み重ね。
クライアントからの信頼が、
私にとってのやりがいです。

社長がチャレンジを許してくれた

いまでこそ、この案件は成功事例として語れますが、収益性の低い仕事の積み重ねがなければ、きっと途中で終わっていた案件だと思います。
まだ、どうなるかわからなかった時、社長が「やってみろ」と私のチャレンジを許してくれたことも大きかったと思います。社長が私の思いをわかってくれたからこそ、続けられたのだといまでも感謝しています。

入社17年目に思うこと

SEの仕事は地味な仕事の積み重ねです。一昔前は、SEの数も少なく、「花形の職業」のように言われ、収入も多い業種だったと思います。
でも今は、そのような「バブル」はなく、日々地道な努力とクライアントの小さな信用を積み重ねることでしか、仕事を評価されない時代になっていると思います。
だからこそ、私にとってはやりがいのある仕事だと感じています。
これからも、いつも謙虚に、お客様の役に立つ仕事をしていきたいと思います。

求人のお問い合わせはこちらから

求人エントリー