わたしたちの仲間を紹介します。

システム部 システム課近藤 容司(29歳)

私は、一度就職経験があります。

その仕事は、体力勝負なところがあり、いわゆる体育会系の人が行くようなところでした。しかし、就職活動は非常に難航してしまい、その会社以外に内定を頂くことができませんでした。しかし、就職浪人をして両親に迷惑はかけられないと思い、自分に合わないところもあるとは分かっていながらも就職することにしました。
結局、適性のある仕事ではなかったようで、多大なストレスにより、体調を崩してばかりになってしまい、一度今後のことを考え退職し、SEの道が自身に適切だと感じ、その道を選ぶことにしました。

SEを目指して再び就職活動を行うことになりました。

しかし、ほとんどの受験した面接で、一度就職したことに深く追求され、嫌味な態度を取ってくる面接官も多く、2度目も内定を頂けない状況が長く続いてしまいました。上手くいかずに、躍起になって、受けたのがネオテックでした。
中途で入社された方もいたからか、一度就職していたことはあまり触れられず、ここでなら、良い環境で仕事ができるかもしれないと思い、前向きな気持ちで受験し、内定を頂けました。

先輩社員のように
助ける側になりたい!

任せてもらえることも増えました。

最初は、学校や研修でやった内容とは勝手が大きく違い、なかなか仕事も上手く行きませんでした。
経験不足から思うように仕事が運ばないことも多くありました。
しかしネオテックでは、先輩社員の適切なアドバイスのもと、着実にスキルアップが図れていることを実感します。
そのため、徐々にできることも増え自分の仕事に自信を持つことができました。
現在は、充実感を仕事に感じることができつつあります。
何より嬉しいことは、そのことにより、今までより任せてもらえる仕事が増えたことを実感できていることです。

助けられる側から助ける側に

ネオテックでは、親身に付き添おうとしてくださる先輩社員の方が多くいます。
入社したばかりの自分は、そのような先輩社員に率直に疑問や悩みをぶつけてきました。
その結果、今までにない視点をいただいたり、自分の立ち位置を客観的に見えるようになったりする中で、悩みは解決に向かいました。
今は、そのような体験することで、先輩社員が自分に接してくれた姿勢を参考に、助けられてばかりではなく、助けられる側になれるようになりたいと考えています。
今はまだまだですが、そうなれるように努力していきたいと思っています。

求人のお問い合わせはこちらから

求人エントリー