わたしたちの仲間を紹介します。

システム部棚橋 圭吾(24歳)

就職まで

大学に関しては、とりあえず名古屋方面で、遊びを覚えるのと、何か一つ身につけるとの事から名古屋にある大学へ進学。
大学では文系が苦手なのであえて法学部へ進学。
部活では、日本拳法部に所属し、格闘技メインの様な大学生活でした。
趣味は、ゲーム、カラオケ、ダーツ、麻雀
心理学や哲学を考えるのが好き⇒AIに興味を持つ。
当初は起業も考えていた事から、中小企業で全体(企業の)を見たいと思い、上流に携われる企業を探しました。

自身の成長につながる会社とわかった!

そこで就職活動では、就活サイトで自分の求めている会社を何件か見ました。
初めは、会社の規模や待遇に目がいきましたが、自分のやりたいことができる会社に就職したいという思いが湧いてきました。
そんな中、ネオテックに出会いました。
ネオテックでは、パソコン・プログラミングの経験が無くてもプログラマーになれることがわかりました。
面接では、先輩社員に丁寧に対応していただき、会社の方針もしっかり聞くことができました。
その結果、私は、自身の成長につながると思い、この会社に就職しました。

入社して
自身の長所に気づけた!

仕事の中で成長を感じる日々

ネオテックには、経験豊富なスキルの高い上司がいます。
大企業ではあまりないことですが、ネオテックではそのような上司と直接意見交換を行う機会が多くあります。
そのような、スキルの高い上司との関わりの中で、今まで無かった考え方や、視点を養え、自身の長所に気づけました。
現在は、スキルを磨いて、1日も早く、一人前の仕事ができるよう頑張っています。

物事の本質を感じる

ネオテックはいわゆる「上流の仕事」が多いです。
「上流の仕事」とは、クライアントと打ち合わせをするところからスタートし、課題を聞き出し解決する方法を考えます。 納期や予算、システムの内容などを決めることになります。
そのような仕事はユーザーが何を求めているかを考える機会が多くあります。
そのため物事の本質を感じることが多く、根本からシステムに携われることは私の大切な体験になっています。

求人のお問い合わせはこちらから

求人エントリー